車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

ブログ連続更新、中断します。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

 

 

 

ここまで268日連続でブログを更新してきた事になりますが、

今日をもって一旦中断させて頂きます。

 

 

 

自分でも予想はしていた事ですが、

だいたい年明けはメンタルが不安定になる事が多く、

ここ数日、文章を頭の中でまとめる事ができなくなってきました。

 

鬱状態でかなり精神的に下がっています。

 

いろいろと余計な事が次から次へと浮かんできて邪魔をしてくるので

昨日なんかは3時間以上パソコンとにらめっこしてましたね。

 

 

 

あと、ここ半年ほどで急激に視力が下がりました。

下がった、というか目の焦点が瞬時に合わせられなくなった、というか。

文字を書くのがしんどいんです。

 

これが老眼?何か違う気がするなー。

本やプリントの文字は一旦焦点が合えば普通に読めますからね。

 

ただ、これまで以上にパソコンやスマホを見る時間が増えた事で

目への負担が増えたのは間違いないと思っています。

 

 

 

ちょっと自分でもヤバいと思えてきたので、

一旦ブログから離れ、仕事に集中します。

 

まあ店員としての本音はほとんど書いたつもりなので

今後のネタもそうあるわけではなかったんですが。

 

 

 

「中断」と書きましたが、このままフェードアウトするかもです。

てかその可能性の方が高いかも。

 

 

 

連続更新269日。

 

 

 

1月の平均アクセス数は98。

 

 

 

2022年5月6日にブログを開設して

合計アクセス数はちょうど15,100でした

(1月27日午後8時時点)。

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

268.内装、大事。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

買取店勤務の皆さん、オークション(AA)に出品した車の売れ行きはいかがですか?

 

 

先週の各AA会場でもプライムや初出品といった売れ筋コーナーの成約率は

軒並み8割を下回っていて、まだまだ冷え込んだ状態が続いてますね。

 

『プライム』や『初出品』コーナーについてのざっくりした説明はこちら。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

上の記事書いてから年末年始挟んで3カ月、しんどいなぁ。

今週もまったく手応えのないAAの結果でした。

 

昨年の今くらいの時期や夏以降の「イケイケ感」を味わっちゃっているので

余計にしんどく感じます。

 

もちろん「んな事ないよ、順調順調!」とか、

「そりゃ売れる車を買い取ってないお前がダメなだけじゃんw」って思う

同業者の方もいらっしゃるんでしょうね。

 

 

 

対して小売店(中古車販売店)の方はどうでしょうか。

車の仕入れは順調ですか?

 

AA評価4点以下など内外装C評価のイマイチ状態が良くない車、

装備内容がちょっと物足りない車、走行7万km以上の微妙な過走行車、

こういった車は昨年とは異なり仕入れやすくなっているんじゃないでしょうか。

 

ぜんっぜん期待どおりに売れてくれませんからね、買取店目線では。

 

当社の仕入担当者もあえて評価点3.5とかの板金が必要な車を仕入れて

速攻で工場に入れています。

手間ヒマをかける必要がありますが、その分安く仕入れられますから。

 

 

 

内装が汚い車(評価C以下)も悪臭がこびり付いてさえなければ

仕入れて売り物になるレベルまで頑張ってキレイにします。

シミだらけのシートは取り外してマルチクリーナーぶっかけて

高圧洗浄機でプシャーっと。

 

 

車屋はボイラー付きの業務用高圧温水洗浄機を用意している所が多いかも。

 

 

水浸しになりますが、天気の良い日に日向に置いておけば三日ほどで乾きます。

仕上げにファブリーズをプシュっと。

 

※なお、生地が傷んでいると高圧により一気に破断する事もあるますのでご注意を。

 

 

 

内装のパネルはマルチクリーナーを吹き付けて拭き上げ、

樹脂用ワックスでツヤを出します。

 

マルチクリーナー

ドアなど足元の汚れやすい部分など、これを吹き付けてメラミンスポンジで

軽くこすると驚くほど簡単に汚れが落ちます。

 

シートのシミなどにもこれを吹き付けて歯ブラシでコシコシ磨き、

かたく絞ったタオルで拭き上げる、を繰り返せば目立たなくなります。

 

樹脂用ワックス(タイヤにも使えます)

 

特に黒い内装の車はこれで一気に雰囲気変わります。

 

なお、メーターパネルやピアノブラックと呼ばれるツヤツヤの樹脂部分は

ヘタに触ると細かい傷だらけになるので要注意。

 

 

 

こういった作業は買取店でもやっています。

AAでの評価を上げて少しでも落札価格が競り上がるのを期待して、です。

 

 

 

AAの出品表って、外装の状態は詳細に記載されていますが

内装の状態については結構曖昧です。

 

 

右上に『内装評価 C』とあって、左下の検査員記入欄に

『シートすれ中』『室内薄汚れ』『室内内張傷』と書かれている。

それがこの車の内装状態を示す全てです。

 

なお、『室内薄汚れ』『外装薄い線キズ』はほとんどの車に書かれますw

 

で、手間をかけずにすぐ売れる車を仕入れたい場合は、

右上の『内装評価 C』はかなり不安材料となります。

せめて『B』じゃないと、私は積極的に仕入れたいとは思いません。

 

なので仕入れる側の心境を考え、小売り向けの車を出品する時は

私たち買取店は内外装をキレイにするんです。

 

 

 

少し前に書きましたが、冬場はこの作業がホントにしんどい。

なのでキレイにしてから売りに来ると良い事あるかもよって記事です。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

普段からキレイにしていれば、なお良し。

一度自分の車の中を見回し、「汚いなぁ」と思ったら掃除機をかけて

上記のようなクリーナーなど使ってキレイにしてみましょう。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

これからの繁忙期は私も洗車に参加する機会が増えます。

平日はスーツじゃなくて作業着で出勤する事もザラです。

 

で、これまで作業用で履いていたオールスエードのニューバランスM530が

もう見た目にも実際にもボロボロになってきてたので、

先日新しい作業用の靴を買ってきました。

 

 

 

ティンバーランド リンカーン ピーク

色違いなら1万円以下で買えますね。

作業用の靴としては予算オーバーでしたが、防水性能が高そう(※)な靴の中で

試着した時のフィット感がかなり良かったのでこれを選びました。

 

ゴアテックスじゃないので完全防水ではないと思われます

 

既に購入して3回ほど履いていますが、クッション性は十分。そして滑らない。

半日作業していても足は疲れません。

ちなみに甲高幅広の私の足でサイズ感はニューバランスと同じでした。

 

難点は靴紐が短くほどけやすい。ので、上から二番目のレースアップは通さず、

ネットで調べたイアン・セキュア・ノットという結び方をしています。

 

車の水洗いで足元に水が飛び散りますが、今の所靴の中に水が滲みてくる事もナシ。

防水性能が高いのと引き換えか、一日履くと結構蒸れますね。

またヌメ革インソール作るか・・・。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

アウトレットで買いましたが値段以上の満足感のある一足でした。

NBのM530は5年で履き潰しましたが、この靴はもっと長持ちするといいな。

 

 

 

それでは明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

267.10年に1度クラスの寒波到来。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

正直嘗めてましたが、本当に日本全国が寒波に包まれた一日でしたね。

アメダスで四国・九州の観測地点のほぼ全てで氷点下て・・・。

 

1月25日午前6時のアメダス(気温)

 

今回の寒波でもあちこちの道路で立ち往生が発生しました。

 

 

この記事がアップされる頃には解消されている事を願います。

巻き込まれた方、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

雪道での立ち往生というとノーマルタイヤでの無謀な走行が真っ先に思い浮かびますが

実際にはスタッドレスタイヤでも坂道で一度止まってしまうとタイヤがスリップし

それ以上進めなくなってしまう事があります。

 

今回の立ち往生の原因のひとつは一気に積雪したゲリラ雪でしょうが、

スタッドレス履いているから、と油断して痛い目に遭うケースも多々あるでしょう。

 

 

 

関西のJRでも列車が止まり車内に長時間閉じ込められるなどありましたが、

こういった自然災害が予想される時は企業や学校は問答無用で休業し、

外に出る人の数を極力抑える体制が備わらないかな、と思います。

 

 

 

だって会社によってはいまだに言われるでしょ?

「雪積もると道が混むから通常よりも数時間早く出勤するように」って。

 

雪で開店が遅れようものならクレーム入るでしょ?

「開店時間に来たのに何で店が開いていないんだ!」って。

 

 

 

こういうクソな考え方が無くなってしまえば良いのに、と思いますが、

おそらく団塊世代や私ら団塊ジュニア世代の一部が言い続けている限りはムリでしょ。

 

そういう意味では「ゆとり」とか「Z世代」と呼ばれる若い世代の意識に

世間が変わっていけば、と身勝手な事を思います。

 

 

 

まだ地域によっては大雪など真冬の寒さが続くようです。

十分に備えて下さいね。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

もし立ち往生に巻き込まれたら車の心配もしなきゃいけないですが、

何より自分と同乗者の体調を心配する必要があります。

 

さすがに食料や飲料はドライブ前に用意するとして。

 

雪の多い地域に行く時や今回のような災害が予想される時は

簡易トイレを車に載せておく必要があるのかもしれません。

 

こんなんで120kgの体重まで支えられるってスゲーな。

 

 

 

エンジンかけっぱなしだと燃料切れの心配もありますし

停車した状態でエアコン使っているとバッテリーがあがる事も。

排気ガスが室内に流れ込んでの一酸化炭素中毒など命に関わる事態になりかねない。

 

 

 

エンジン切っても防寒対策できるよう、保温シートもあると良いですね。

 

 

 

 

年末年始に車中泊した時に分かったんだけど、

エンジンを切るとドアからの「すき間風」で特に足元が冷えます。

 

 

自宅でも使えるボア付きのスリッパなどを用意するとより安心。

 

 

 

最善策は大雪になると予想されているのなら「不要不急の外出をしない」。

「不要不急」という言葉に慣れず、自分や家族の為に外出を控えましょう。

 

 

 

それでは明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

266.オルタネーターの故障?

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

車業界に勤めて20年以上、バイトも含めると25年はこの業界にいますが

エンジンオイル交換(下抜き)やライト類のバルブ交換くらいはやりますが

車の整備やメカニズム的な事に関しては素人レベルです。

 

 

 

さて。

 

 

 

自家用車のエンジンルームからカラカラ音がするようになりました。

「カラッ・・・カラカラカラッ・・・ガラガラカラッ・・・」ってカンジ。

 

うーわ、と思いながら状況を確認します。

 

 

 

アイドリング時から音がし、停止状態でアクセルを踏んでエンジン回転数上げても

音の出るタイミングは変わらない、つまりエンジン内部からの音ではない。

まずはよかった、タペット音じゃなくて。

 

次にエアコンをオンオフしてみる。

エアコン動作しててもしてなくても音はするのでエアコン関係でもなさそう。

 

てことはベルト周り、どこかのプーリーか?

それともオルタネーターか??

 

車のオルタネーター

 

ネットで調べれば調べるほど、オルタネーターくさい。

10万km余裕で超えているから寿命かー。

 

 

 

余談ですが。

 

過去に二度ほど、オルタネーターが故障し

走行中にエンジンが止まった事があります。

 

オルタネーターは発電機。

 

壊れると車の各電装品に電気を送る事が出来なくなります。

電気がなくなればエンジンも止まります。

詳しくは『オルタネーター 故障』で検索。

 

 

 

兆候としては

 

・走行しているのにナビが急にオン・オフを繰り返す(電圧不安定)

・メーター内の警告灯が点いたり消えたりチラつきだす(電圧不足)

・ハンドルが重くなったりブレーキが重くなったりする(エンジン停止直前)

・エンジンが止まり、再始動出来なくなる

 

エンジン回転数が高いと上記の症状が収まる(電気が供給される)ので

オートマ車ならギアを一段落とし左足でブレーキ操作しつつ

信号待ちでも右足で常にエンジン回転数を上げ続ける事でしばらくは走れました。

 

左足ブレーキは習得しておいた方が良いですよ。

何らかの理由でエンジンの回転が不安定になった時に役に立ちます。

 

左足ブレーキできない人はマネしないでね。

おかしいと思ったら後続車の邪魔にならないよう速やかに停車しましょう。

 

 

 

さて、工場に相談してみようか・・・

 

自社の整備工場に連絡 → 代車必要なら二週間はムリ

付き合いのある整備工場 → 代車必要なら二週間は(ry

近所のディーラー → 代車(ry

 

私の人徳の無さが窺えます。

 

 

 

とりあえず状態チェックできるようにバッテリーチェッカーを買ってきました。

 

 

取り付けはアクセサリーソケットに突っ込むだけ。

 

 

オルタネーター、一応動作はしているみたい。

上(画像だと右)から3番目のランプ点灯していればOK。

 

・・・走行中は消えている事が多いんだけど。

充電制御システムがちゃんと作動しているからだと思いたい。

 

 

 

なおこの大橋産業製のバッテリー&オルタネーターチェッカー、

いろいろクチコミ見たけど値段の割に十分信頼性があるようなので、

古い車や過走行車に乗ってる人は常備しておくと良いかも。

 

 

 

バッテリー本体の充電状態は問題ない様子。

 

エンジンかけずにACCオン状態でもちゃんとFULLのランプが点いているし、

バッテリー本体に取り付けてあるチェッカーも「始動性能:高」になってる。

 

 

 

 

とりあえずはオルタネーターを疑っているけど

全然違う原因かもしれないので全く油断はできません。

 

整備工場に入庫できるまでの二週間、ビクビクしながら過ごす事になります。

今週温泉にでも行こうと思ってたけどムリだなこりゃ。

 

 

 

今日は自分語りの記事でしたが、オルタネーターは消耗品。

他人事ではありませんよー。

 

ちなみに過去二回のオルタネーター故障でかかった修理代は社員価格で5万円前後。

今回、リビルト品が部品代だけで5万円超えそうなので

かなりキツい出費になりそうです。

 

他のベルト周り(プーリーとか)でも修理代高くつきそうだし、

どっちみち詰んだっぽいな。

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

電圧計が装備されている新車って現在発売されているのかな?

と思って探してみたら、新型フェアレディZは伝統の三眼メーター内に

電圧計が備わっていました。

 

WEB CARTOP様の記事より

新型フェアレディZは期待を超える力作! コントローラブルなFRが楽しい | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

 

 

 

本文のオルタネーター故障で苦い経験をして以降、

電圧計は後付けで欲しい装備のひとつになっています。

 

これまではレーダー探知機に表示機能が備わっていたのでそれを使っていましたが

今着けてるユピテルレーダー探知機は表示できないんですよねぇ

(OBDⅡコードの問題)。なので今回バッテリーチェッカーを買ったんですが。

 

 

 

現代の高性能バッテリーは兆候なく急にダメになるケースが多いようですが、

シンプルな昔ながらのバッテリーならエンジンのかかりが悪くなるなど

ある程度弱っているのを認識できます。

 

数字で可視化できればより確実かと。

 

 

 

昔からこういうのがありましたねー。

 

 

今でも査定する車でコレが付いてるのを見かけまし、

普通にカー用品店やホームセンターでも売ってますね。

 

 

 

現代的なのはコッチでしょうか。

 

 

スマホの充電用にUSBソケットが付いています。

数値が正確かどうかはともかく、目安にはなるでしょう。

 

 

 

高価ですがスポーティな見た目がほしいならコレ。

 

 

常時電源とイグニッションの配線に割り込ませ、アースを取るタイプ。

オーディオ交換できる人ならDIYで簡単に取り付けできそうですね。

 

 

 

最近の車のメーターはデジタル化されて内容が多彩化される一方、

電圧計や水温系など車のコンディションを知るための情報が

どんどん簡略化されています。

 

現代の車は壊れにくいから!と言われそうですが、

これじゃ車のコンディションに関心を持つ人がいなくなる一方だよなぁ、と

しみじみ思います。

 

 

 

それでは明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

265.買取店のグレー(アウト?)な部分。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

輸出向けの買取車からカーナビを当店の代車に移植しようと

ひっさびさにインパネ外して作業してたら手の甲がズタボロになりました(涙

 

 

寒い中プラスチックのパネル外したりしてるから

パネルのツメが折れたり割れたり散々なメに。

冬場に内装剥がしはやるもんじゃないですね。

 

 

 

さて。

 

 

 

ここで賢明な読者の方は思ったハズです。

買取店(車屋)って買い取った車のパーツを外しちゃうの?って。

 

 

 

はい。

外します。使える物は別の車で再利用します。

 

上記のカーナビに限らず、ETCやドライブレコーダーはもちろん、

真新しいタイヤ付きのホイール、交換したばかりのバッテリー、などなど。

 

それが付いている事でオークションに出した時に値段が変わる場合はダメですが、

海外輸出向けで装備・状態問わず値段が一律の車なんかに付いてるパーツは

外してガレージにストックしておきます。

 

代車や展示車に追加、あるいは交換できますからね。

 

 

 

さらに賢明な読者の方は思ったはずです。

取り外したパーツをヤフオクとかで売れば現金化できるじゃん、って。

 

 

 

はい。

普通の会社ならスタッフ個人がやるのは禁止事項、横領行為ですが、

やってるヤツはやっています。

 

ガッツリやればかなりの収入になるはずです。

それこそ確定申告必要なくらいは余裕で

絶対申告しないでしょうけど。

 

 

 

ちなみにウチの会社は監視が厳しいのでやろうという気が起きません。

どの支店にも頻繁に管理職の人間が臨店しますし、車もチェックされます。

パーツ横領発覚時のペナルティもはっきり明文化されています。

 

過去にいろいろあったんでしょうね。

 

少なくとも私はやる気ありませんし、

自分の店に関しては厳しく目を光らせています。

 

じゃあなんでパーツ横領やってるヤツがいるって断言できるのかといえば、

大手の競合店から当社に転職してきたスタッフの多くが

その店の店長をはじめ当たり前のようにパーツの売却をやってたって言うから。

 

それを生活費の足しにしていたという子もいれば、

パチンコにつぎ込んでたと言うようなヤツもいました。

 

まあ、転職してきて間もないのに「パーツ外していいですか?」なんて聞いてきて

換金目的ならダメだと分かると不貞腐れるようなヤツは

いつの間にか会社からいなくなってますけどね。

 

 

 

ただ、冒頭の様に会社の車に使う目的で取り外す事はよくあります。

 

あと自家用車の部品と交換するのは「アリ」としています。

ナビとかドラレコとか、あとバッテリーなどの消耗品も。

最近だと社外品のLEDライトなんかもそうですね。

 

これは管理職にも確認し、私の判断でスタッフに許可しても良い事になってます。

その代わりどの車から何を外して誰の自家用車に装着したのかは

報告する必要があります。

 

 

 

という事で、古い軽自動車やコンパクトカー、あと確実に輸出向けの車で

社外ナビや交換したばかりのタイヤやバッテリーのアピールをしてくる方がいますが

スタッフが美味しくいただいているケースもありますのでご注意を。

 

良心的な店員なら家族や知人などの別の車の物と交換するか、

別途パーツショップでの売却を提案してくれるでしょう

(その買取店での脱着を無償でお願いするのは印象悪いのでやめましょう)。

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

カーナビを自分で外してパーツショップに売りに行くとか、

一般の人にはハードル高いですよね。

 

かといって店で外してもらうとヘタすると工賃の方が高くつくし。

 

 

 

・比較的新しいカーナビ(5年落ちくらいまで)を

・自己責任で

・買取店で確実に輸出されるから内装は多少破損しても問題ないと言われている

・あるいは部品取りにしかならないから車が動けば外しても良いと言われている

・あとはやる気と度胸がある人

 

は、一度DIYでナビの取り外しにチャレンジしてみても良いんじゃないでしょうか。

 

 

 

車種ごとのパネルの外し方など作業の手順は

カービューの『みんカラ』で同じ車種の『整備手帳』で探すと

丁寧な写真付きで掲載されているのでそれを参考にしましょう。

 

『(車名) カーナビ 交換』で画像検索すると

「minkara.carview.co.jp」でヒットするかと思います。

 

 

 

車の内装パネルって、基本的にはツメではまっているかネジ留めされているかで

外す順番が分かってて思い切りさえ良ければ誰でも簡単に外せます。

 

 

 

用意したいのはこういう内張剥がしと・・・

 

 

 

100円ショップのじゃない、ちゃんとしたプラスドライバー。

 

VESSEL 貫通ドライバー 

 

ナビ外しでは使わない機能ですが、

ナメたネジにもある程度対応できるドライバーです。

 

 

 

あと配線を束ねた結束バンドを切断するのにニッパーを使う機会も多いですね。

 

iCrimp スタンダードニッパ

 

 

 

車をDIYでいじる時、工具はできれば100円ショップの物ではなく

メーカー品を選んだ方がグリップ(握り)や力のかけ方など圧倒的に使いやすいです。

 

 

 

理想はメーカー品のツールセットを常備する事ですが。

 

KTC 53点オリジナルツールセット

3万円チョイかぁ。経費で買ってくれないかなぁ。

 

 

 

最低限、内張剥がしとプラスドライバー、ニッパーがあれば

カーナビ本体は簡単に取り外せます(特殊工具が必要な輸入車を除く)。

 

ただ、GPSアンテナまで取り外すのは素人には難易度高いので

無理しない方が良いでしょう。

ピラーの内張り剥がす際にエアバッグに干渉するとマズいですし。

 

 

 

まあでも結論言っちゃうと、パーツショップに持って行っても二束三文、

手間暇考えたらヤフオクとかに自分で出品しないかぎり、割に合わないかな。

 

年式が古い車のカーナビを新しいナビに買い替えたけど

事情があって車を手放さなくてはいけなくなった、

といったレアケースならやってみる価値はあるかと思います。

 

 

 

それでは明日もよろしくお願いします

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村