車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

41.カモられやすい車。

この車、廃車にしてくれる?

こういうお申し出、月に数件頂きます。

 

 

 

車買取店で接客をしているタナカ@usedcarlife1と申します。

 

 

 

「この車、10年乗ってもう古いから廃車だよね?」

「まだ7年しか乗ってないけど走行距離10万kmじゃ値段付かないよね?」

外観ボコボコの車って買い取ってくれるの?」

 

 

 

一部の買取店の店員は

満面の笑みで出迎えてくれるでしょう。

カモが来た!と。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今の時代、多くの車は日本で使われた後、

海外に輸出されます

 

どこだよモーリシャスって。キプロスって南半球だっけ?

 

あと、輸出できない車でもバラして部品取りとして

再利用される事が多いです。

 

少し前、古いプリウスの触媒が価格高騰して

車両盗難が増えているってニュースになってましたね

ヤフオクで「触媒」の落札価格調べると笑えるよ)

 

車によっては車体よりもエンジンの方が価値があるとか。

 

なので、不動車、事故現状車、機関系に重大な故障がある車、

あとは12年以上前の過走行の軽自動車以外は

よほどの事が無い限り値付けができます。

 

 

 

でも一般の人はそんな事、知らないよね?

特にお客様がカモられそうな車種を挙げてみます。

 

 

 

①高年式の過走行車

 

例えば平成28年ホンダ アコードハイブリッド(CR7)。

通勤距離が長くて6年間で走行距離15万km

この車のオークション(AA)での底値は

R4年5月現在、80万円はあります。

なので買取でも70万円は確実に出せます。

 

 

 

例えば平成25年式トヨタ カローラアクシオ(NZE161)。

営業車として使っていて9年で走行距離28万km

これでもAAで25万円が底値なので買取なら20万は出せる

ただし輸出が不安定だった5月上旬は5万ほど安かったから

海外情勢次第な部分はある。それでもゼロになる事はない。

 

 

 

例えば令和元年式レクサス RXハイブリッド(GYL25W)後期型。

なんかよく分からんけど2年半で10万km乗っちゃった。

買取で400万以上にはなる。

距離が多いからと言って買取店に200万とかで売っちゃったら

お客さんは軽の新車1台分以上のお金を手に入れ損ねた事になる。

 

 

 

こんな感じで10年落ちまでの車は走行距離が10万kmを大きく超えてても

ほとんどの車種がある程度の金額で売れます。

ちょっと厳しいのは軽を含む排気量1000cc以下の車かな。

 

比較的新しい車でも「距離が多いから値段付かないですよ~」

なんていう買取店スタッフは確実に儲けようとしてきています。

 

 

 

②年式の古いSUV

 

最低地上高の高い車は古かろうが過走行だろうが

よほどの事が無い限り海外輸出されます。

 

比較的査定件数が多いのがトヨタヴァンガード

平成19年式(15年落ち)の初期モデルでも

買取で30万円以上にはなる。

 

初代RAV4なんか最初期モデルは27年落ちになるけど。

それでも買取は20万円以上出せる。

 

 

 

これ、別に4WDじゃなく、2WDでも値段は変わらない。

 

海外は日本と違い、道路が整備されていないため

ボディ下部を擦らない車高の高さが求められる。

 

もちろん4WDの方が走行性能高いから重宝されるけど、

市場としては車高さえあれば2WDでもいいみたい。

 

だからこの手のSUV「古すぎて値段付かない」とか2WDだから安い」

っていう買取店スタッフはカモろうとしてきていると思って良いです。

 

 

 

③傷だらけ、凹みだらけの車

 

上記の年式の古いSUVもそうだけど、

7~10年ほど経過したやや低額(10~40万円)の輸出向けの車

この辺は極論言えば、ちゃんと動けば値段は同じ。

 

例えば10年落ちくらいのプリウスアクアマツダアクセラとかも。

走行距離12万km超えちゃって完全に輸出向けの扱いになれば

ボッコボコでもピッカピカでも値段変わらない

 

助手席側後席ドアやフェンダー、ステップが抉れていようが

電柱に突っ込んでリヤバンパーとハッチがめり込んでいようが関係無し。

 

でも買取店のスタッフが「本来なら20万円で買い取れますが

板金で25万円かかりますから廃車手数料必要です」とか言ってきたら

完全に足元を見てきています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

特に気を付けてほしいのが①の高年式過走行車

 

買取店の言うがままに売っちゃうと

百万円以上損する可能性もあるって事。

 

これ、契約後、ましてや車の引き渡し後は文句言えないからね。

 

だって形がどうであれ、提示された価格に同意して

契約書にサインした事になるんだから。

 

 

 

そろそろまとめます。

 

 

 

走行距離が多い(過走行)。

年式が古い(低年式)。

キズや凹みだらけ(現状車)。

 

自分の車に何かしらの負い目がある人。

 

実はその車に思ってもいない査定価格が付く可能性があるんです。

必ず買取店数社で比較し、高く売れるお店を見付けて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・って流れで一括査定サイトに誘導するブログ、多いよね。

 

 

 

マジで「断れない人」は一括査定はやめときなよ。

 

アフィリエイト狙いでブログやってる自分が言うのもなんだが、

あれも典型的なアフィリエイト狙いだから。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

自分の車に負い目を感じられる人って、

良くいえば優しい人。普通にいえば気弱な人

 

そんな人が一括査定なんてやろうもんなら

ハイエナの様な買取店スタッフの群れに翻弄されるだけです。

 

 

 

とにかく「1件では決めない」という強い意志を持って

自分の足で複数の買取店に直接行き、

信頼できるスタッフを見付けて下さい。

 

以上、今日はここまでにします。

長文を読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村