車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

52.大手車買取店でも詐欺に注意。

昨日のニュース。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

同業者のタナカ@usedcarlife1です。

 

記事読む限りでは手口が浅はかすぎますが。

なんで客側も返金に応じるかなぁ。

 

 

昨日ツイッターにも書いたんだけど、

買取店(に限らんが)のスタッフは、

やろうと思えばいろいろ不正ができます。

 

 

 

例えば車両買取契約書

 

 

 

必ず店舗印担当スタッフの印鑑押してあるか確認して下さい。

あと、裏面に約款がちゃんと書かれているかも確認して下さい。

てか契約書、もっと真剣に内容を確認して下さい

 

認印なんか時代遅れ、とか言ってる場合じゃない。

高額の取引してるんだ。

担当者の印鑑が無い契約書、あなたは信用できますか?

 

 

 

ひとつの事例を書きます。

 

 

 

フリーダイヤルからの出張査定での話です。

 

 

 

3月上旬。

オークションで100万円くらいで売れると思われる車を商談、

言葉巧みに30万円で買い取り、車と必要書類を回収します。

 

後日、その買取店スタッフが自腹で客に契約金額を振り込みます。

 

そのスタッフは回収した車は会社に持ち帰らず、

その足でグルの業者のところに行き、

80万円で買い取らせます。

 

そのスタッフは50万円手に入れる事が出来ました。

 

その車を買い取った業者はオークションではなく

また別の業者(外人)に100万円以上で転売します。

名義変更しないまま。

 

5月。

最初に30万円で手放した客の所に

自動車税の納付の通知が届きます。

 

そこで初めて、自分の車が名義変更されていない事を知り、

自分が売った買取チェーンに問い合わせます。

 

ただ、その契約書はコピーされたものに手書きで金額が記入されたもので、

そこに客が書いた署名はありますが

店舗印、担当者印はありませんでした。

 

担当者の名刺は行方不明、何という人が担当だったか分かりません。

会社名は分かるけど、どこの店から来たかも分かりません。

そして近くの店にもそんな車を買い取ったという記録は残っていません。

 

 

 

チェーン本部に問い合わせたところ

フリーダイヤルの履歴から出張査定を指示した店舗が分かり、

幸いにもそのスタッフを見付ける事ができました。

 

最初は買い取った事を認めていませんでしたが

警察沙汰を恐れたその店の他のスタッフの協力により転売先も判明。

 

間もなくその客のところに分納分の自動車税納付書が届き、

転売された車が輸出抹消された事も分かりました。

 

ただ、金銭的な被害はなかったものの(安く売ったのは別として)、

今回は正規の手順で輸出されたから良かったけど

盗難車同様、名義変更されずに海外に流されてた可能性もあったと。

 

犯罪に使われる可能性もあったわけで・・・

そういう意味ではこの客はラッキーでした。

もちろん、最初の買い取ったスタッフは処分されましたとさ。

 

 

 

一応フェイク入れてるけど、状況分かりました?

分からなかったらゴメン、私の文才が無い。

あと、言う意味無いけどウチの会社の話ではないです。

 

浅はかなヤツは目先の金の為にこういう悪事を働くんですよ。

最初はバレないと思って、警戒しつつ巧妙に。

回数重ねるうちに絶対にボロを出すんだけどね。

 

 

 

長くなったんでこの辺で切るけど、

この業界、ワルい奴はいくらでもいます。

 

とにかく疑ってかかって下さい。

これは買取店に限らず中古車販売店

新車ディーラーでも同じです。

 

対策としては、疑問や不安に思った事は迷わず担当者に聞く!

そして、契約書や印鑑を押す書類の内容をしっかり確認する!!

 

ただ、最初から警戒心全開で来られても

「面倒な客だな」とやる気を無くすだけです。

 

本当に分からない事や不安な事を教えてほしい、

安心させてほしい、という気持ちで聞いて下さい。

まともなスタッフなら、親身に相談に乗ってくれるはずです。

 

 

 

以上、長い文章になってしまいました。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村