車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

64.アルファード狂騒曲。

車買取やってます、タナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

先週、アルファードのオークション(AA)落札価格が

700万円超えましたと書きました。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

 

 

・・・。

 

 

 

落札価格800万円超えましたぜ、ダンナ。

 

 

 

あくまで暴騰してるのは今のところ、

走行距離10km程度のナンバー付いただけの新車状態の車

数百キロでも走ってるとダメ(それでもまあ高いけど)。

 

ディーラーから引き渡されてすぐにAA出品されてる車ですね。

所有者が個人なのか法人なのかディーラーなのか見てみたいわぁ。

ちなみにハイブリッドのSR-Cパッケージは850万円超えてますw

 

今のところS Cパッケージばかり出てますが、

もともと輸出で人気のエグゼクティブラウンジとか

出品されたらどうなっちゃうんだろ。

 

もちろん、普通に中古車としてのアルファードも相変わらず高騰しています。

後期型S-Cパケなら過走行でも事故車でも400万以上で買取可能。

なんなら前期型もシレっと値段上がってるもんなぁ・・・。

 

 

 

まあ完全に「アルファード」(30系)って名前は

ブランド化しちゃいましたね。特に海外で。

 

たしかに「雰囲気は」良い車ですもん。

ボディサイズが大きく存在感あるっていうのに加え、

なんとなく誰でもイメージできる高級感が散りばめられている。

 

対してクラウンが衰退したのは、アルヴェルにあるような

分かりやすい高級感や存在感が薄れたからなんでしょうね。

 

30系になってリヤサスが変わったとはいえ

乗ると典型的なミニバンだから運転しててもツマランのだけど、

走りを気にする人以外、そんなの関係ないんだろうな。

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

個人的にアルベルはキライです。

ノア&ヴォクシーもキライです。

 

 

 

見飽きました。

 

 

 

この仕事してるとダメですね。

トヨタ車(あとダイハツ・スズキの軽自動車)に

乗ろうって気がなくなる。

 

月に何台も同じ車査定して買い取って洗車してってやってると

その車キライになりますよマジで。

 

なので私は今回の騒動を生暖かい目で見守ってますw

 

 

 

はー、でもいつまでこの状況が続くんだろ。

 

ここ3年、毎年夏から秋にかけて

前の年に買ったアルファード持ってくるお得意さんがいるんだけど、

今年はいくら提示したら良いかぜんっぜん分からん。

 

向こうもある程度の情報持ってるからなぁ・・・

(ちなみに毎年470~500万で買い取ってます)。

相場の急落が怖いけど、安値提示できないし。頭いてえ。

 

 

 

本題はここまでにします。

読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

最近鬱の症状が酷いんですが(薬増やしてもらいました)

靴や腕時計に関する記事や、楽天で商品眺めてると

その間は気分が落ち着いてます。

 

今日はなんとなくG-SHOCKを集めてみました。

 

紹介するのはほぼ並行輸入品ですが、普通に使えます。

・・・並行輸入品も値段上がったなぁ。

10年ほど前と比べると、3割以上高くなってる気が。

 

ではいきますね。

 

 

 

DW-5600W-1V (BOX破損品)

7500円

DW-5600W-1V

スピード」と呼ばれる超定番モデル。

やっぱG-SHOCKといえばコレでしょ。

電波無し、ソーラー無し、その気になれば自分で電池交換もできる!

 

ただ、これも何年か前なら6000円以下で買えたんだよなぁ・・・。

これ以上値上がりしないといいんだけど。

上記サイトは他の機種も同じ値段で売ってるけど、お勧めはコレです。

 

 

 

DW-5750E-1

7500円

DW-5750E-1

個人的に上の「スピード」よりもこっちが好き。

スティング」と呼ばれる丸いケースのモデル。

こちらも電波・ソーラー無しのベーシックモデル。

 

これのG-SHOCK25周年モデル(白フェイス/黒文字盤)を愛用してました。

もう15年前かあ・・・。

 

 

 

AWG-M520-1AJF

20240円

AWG-M520-1AJF

元祖アナデジ(アナログとデジタルの融合)の復刻版。

そこに電波ソーラーを加えてアップデート。

オリジナルと比べると、ちょっと文字盤がうるさいかなぁ。

 

これ、電波ソーラー無しなら1万円前後であるけど

時刻合わせが面倒だから電波時計の方が扱いやすいですw

 

 

GWF-A1000-1A

68800円

GWF-A1000-1A

大流行した「フロッグマン」のアナログモデル。

Bluetooth、電波ソーラー搭載のハイスペックモデル。

もちろん潜水性能も文句無し(まず必要ないけど)。

 

先日防火設備チェックでウチに来た消防士さんが

これの赤ベルト着けてたけどめっちゃカッコ良かった。

自分が20代から30代前半だったら絶対買ってたなぁ。

 

 

 

番外編。

 

 

 

GMW-B5000TVB-1JR

203500円

たまに(?)カシオっておかしな方向に全力出しますよねw

すげーなコレ。チタンの外装にサファイアガラスかー。

かっけーけど、20万円オーバーかー。

 

一時G-SHOCKは中国人転売ヤーの餌食になってましたけど

今でも状況は同じなんでしょうか。

これ、日本人が普段使い用に買うのには相当覚悟が要りますね・・・。

 

 

 

いかがでしょう。

あえて40代以上の方が懐かしいと思えるモデルを

ピックアップしてみました。

 

お客様でもG-SHOCK着けてる男性、かなり多いんですよねぇ。

ただ、意外と上記のような定番モデルは少ない。

 

私見ですが、G-SHOCKはやっぱ定番モデルがカッコいいですよ。

たまにデジタルのフロッグマンとか着けてる人見ると

「おおっ!?」ってなりますw

 

 

 

私も使ってるG-SHOCK(10年ほど前の物)のベルトが

ぼちぼち加水分解で切れそうなので久々に買おうかな。

嫁さんと交渉してみますw

 

 

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村