車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

82.ランクルプラド狂騒曲。

【7月28日、追記】

相場について誤った情報を発信してしまっている可能性があります。

それくらい今、現場は混乱しています。

また、当社のような小型買取店では集められる情報にも限界があります。

 

このブログに書かれている相場情報について、

鵜呑みにはしないで下さい。

情けない話ですが、私あるいは当社が大きな勘違いをしている可能性もあります。

 

以上、直近の相場データを見ての追記でした。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

地方の車買取店で雇われ店長やってる

タナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

昨日の記事で、相場が暴騰している車種は

当分「見(ケン)」にまわると書きましたが。

used-car-life.hatenablog.com

 

 

 

早速昨日、ランクルプラドの商談で他社と競合し、

勝負をオリる事を選びました。

 

トヨタ ランドクルーザープラド

 

あえてフェイク無しで書くと、

 

令和元年11月登録 TRJ150  TX-Lパッケージ

202ブラック 7人乗り 走行5万キロ

サンルーフ有、黒革、オーディオレス

AA出せば評価点4.5は間違いない。

 

同業者の方、これをお客さんからいくらで買い取りますか?

 

 

 

私は今週のオークションに間に合うタイミングでの入庫で

代車貸し出す前提で522万円まで提示しました。

 

他社はお盆前まで乗っても528万円まで出すと言ったと

後から連絡があったので、それ以上の勝負するのを止めました。

 

 

 

ちなみに私とウチの相場師のオークション(AA)予想落札価格は

480〜500万円です。

 

 

 

っつーかもー分かんねーよwwww

っていうのが私と当社相場師の一致した意見でしたw

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

本来ガソリンエンジン(2.7L)のプラドは、

国内で登録されてから3年経過したもの

規制あるいは関税の影響か高値で輸出されていました。

 

令和3年式より平成30年式の方が高かったんです。

ただし細かい装備への要求もありました。

 

ボディカラーはパールホワイト

レザーシートはベージュ色じゃなきゃダメとか、

モデリスタエアロ付いてなきゃダメとか。

 

 

 

今、その規制や装備への要求が無いのか

3年経過してないプラドもロシアに高値で輸出されているようです。

www.asahi.com

朝日新聞デジタルの有料記事につき、途中まで読めます。

 

 

 

そのロシアへの高値での輸出の要因になっているのが

円安ルーブル高。

 

 

 

少し前にプラドの値段下がってきたかな?なんて書き込みを

ツイッターにしたような覚えがありますが、今見ると

ちょうどそのタイミングでルーブルが下がってました。

 

円/ルーブルの為替状況とプラドの相場が

面白いくらいにリンクしてるんですよね。

 

 

 

もしこれで今後ルーブル安になれば、

まだ国内登録から3年経過していない上記のプラドは

ロシアに行かず、正常(?)な相場に戻る可能性があります。

 

そうなると大体AA落札予想価格が400万円チョイくらい。

これが昨年末から今年の年明けにかけての上記プラドの相場。

 

それを520万以上で買い取ってると、

原価で計算しても当たり前ですが確実に大赤字です。

 

 

 

なので競合したお店の為に、

ルーブル安くな〜れっていう呪いをかけてますw

 

 

 

さすがにこの一ヶ月でそこまで状況が大きく変わるとは

思っていませんけどね。ただ、リスクは避けます。

 

今回の競合は負けても悔しいとか思いません

(呪いはかけとくけどw)

おそらくAAに出品されるでしょうからその結果を見守ります。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

しっかし単純に昨日査定したプラドも年明けと比べると

100万円ほど値上がりしているという現実

 

1月に査定してたら頑張っても買取420万くらいでしょうからね。

 

 

 

これ、SUV専門店とかミニバン専門店とかで

プラドやアルヴェル大量に抱えてたお店、

大笑いしてるんじゃないかな。

 

確実に仕入れた時よりも大幅に値段上がってるもんね。

 

GOO見ると・・・うん、某専門店からプラドが消えてるなw

あっちの某専門店もアルファードのS-Cパケなんて残ってないw

あってもサンルーフ無しとかAAで売れにくそうなヤツだ。

 

 

 

こんな状況で我々買取店は異常な相場に振り回されています。

 

そして、本当に正確な情報っていうのは

実際にはほとんど手に入りません。

 

今回のロシア行きの情報も、情報元からし

「おそらくそうではないか」と断定はしていませんからね。

 

AAに出入りしてる相場師も、いろんな業者と話をして

信用できそうな情報が手に入った時にはもう遅いって嘆くくらい

目まぐるしく状況は変わっています。

 

知っているのは実際にAAで落札している輸出業者だけでしょう。

いや違うな、オーダーを入れている現地の仕入れ業者くらいか。

 

 

 

以上、昨日に続き買取店(というかウチ)の現状について

書いてみました。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村