車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

130.中古車の輸出状況(7月度)。

中古車の相場の波に翻弄されている

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

7月の中古車輸出状況のデータを見る事ができました。

具体的な数字を書くのは控えますが、

気になった点をいくつか書いていきます。

 

 

 

輸出台数は相変わらずロシアへの輸出が最も多く、

次いでアラブ首長国連邦タンザニアと続いています。

 

少し古い記事ですが。

www.dailyshincho.jp

デイリー新潮の記事より

ロシアへの輸出で規制がかかるのは600万円以上の車。

それ以下の価格帯の車がガンガン流れているようで、

高年式車も多いのか車両平均価格も上がっているようですね。

 

かの地での新車の供給状況など知りませんが、

他国同様かそれ以上に厳しいんじゃないでしょうか。

 

なので信頼性があり程度も良い日本の中古車の需要は

より高まっている事が想像できます。

今は特に高年式のSUVが多く輸出されている印象です。

 

 

 

あと興味深いのが、マレーシアへ輸出される車の

車両平均価格が突出して高い事。

次いで平均価格が高いバングラデシュの倍あります。

 

間違いなくアルファードですね、コレ。

8月のデータだとさらに平均価格が上がるんじゃないでしょうか。

 

同様に30後期アルファードの需要があると勝手に思ってたタイは

平均価格がそう高くはないのが意外でした。

他国を経由しているのかな。

 

 

 

7月は総輸出台数は前年比、前月比でマイナスとなったようですが、

8月以降は円安の影響もあるでしょうからどうなるのか注目です。

 

サマーバケーションで輸出は止まっていたのか、

それとも今年は夏休み返上で動いていたのかの

答え合わせもしたいですからね。

 

 

 

なお、どれくらいの台数が輸出されているんだろうって

前にも書いた事がありますが、

現在は毎月10万台以上の中古車・未使用車が世界に飛び立っているようです。

 

 

 

良質な中古車が海外に流れるのを個人的に嘆いたりもしてますが、

この輸出が止まると業績にとんでもないダメージが出るのも間違いないので

複雑な心境です。

 

はっきり言って当店の今年の好成績は八割がた

輸出業者がオークションで高値で落札していってくれてるおかげ、

ですから。

 

あとは某次の舞台さんことN社のような大手販売店

金にモノをいわせて落札していってくれてるから。

 

オークション落札後の名義変更後のコピー見ると

買取でも競合するN社G社B社名義を

チョイチョイ見かけますからねー。

 

そりゃ中小の中古車販売店はまともな車を落札できないよ。

輸出に向かない装備やグレードの高年式低走行のミニバンやSUV

その多くが上記の3社名義になってる。

 

 

 

さあ、当店もこの週末で高額車両が何台も入ってきて

来週のオークションに出品する事になります。

 

けっこうギリギリまで攻めた車もあるので

wktkしながらこの一週間を過ごす事になりそうですw

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村