車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

151.凱旋門賞2022(車無関係回)

今日は車とはまったく関係のない記事を書く気の

タナカ@usedcarlife1です。

 

ちなみに競馬の話ですので興味無い方はスルー推奨。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

さあ凱旋門賞

 

ja.wikipedia.org

 

フランスで行われる世界最高峰のレースです。

今晩23:05頃の発走予定ですね。

 

 

 

過去日本から参戦した馬で好成績をあげたのは

 

1999年 エルコンドルパサー 2着

2006年 ディープインパクト 失格(3着入線)

2010年 ナカヤマフェスタ 2着

2012年、2013年 オルフェーブル 2着

2013年 キズナ 4着

 

と、惜しくも優勝には手が届いていません。

 

 

 

2006年のディープインパクトのレースの日、

嫁さんが産気づいて病院に送っていったあとに

生中継でTV観戦してました(翌未明に末っ子が産まれました)。

 

2012年のオルフェーブルは直線で先頭に立つも

ゴール直前で交わされるのを見て深夜に大声をあげました。

同じマンションの他の部屋からも大声が聴こえてきましたねw

 

 

 

さて、今年参戦する日本馬は・・・

 

・タイトルホルダー

2021年菊花賞、2022年天皇賞(春)宝塚記念の勝ち馬

 

・ディープボンド

2021年天皇賞(春)有馬記念、2022年天皇賞(春)で2着

 

・ドウデュース

2021年朝日杯FS、2022年日本ダービーの勝ち馬

 

・ステイフーリッシュ

2022年ドバイワールドCの勝ち馬

 

の4頭が出走します。

 

JRA-VAN公式より

もちろん全ての馬を応援しますが、

贔屓にしたいのがタイトルホルダー

 

春の天皇賞(3200m)のインパクトが強すぎた。

 

終始先頭を走る「逃げ」のレース、しかも超長距離の稍重馬場で

ゴールまでの残り3ハロン(600m)が全馬最速という

恐ろしい勝ち方をしてくれました。

 

荒れた海外のコースをこなしてくれるようであれば

日本競馬界の夢を叶えてくれるのはこの馬だと思っています。

 

 

 

今年のダービー馬のドウデュースも勿論気になります。

前哨戦での負け方が心配ですが、

武豊騎手とのコンビで頑張ってほしい。

 

 

 

全20頭、前日夜の時点で重馬場、天気も良くなさそうで

日本馬には厳しい状況でのレースになりそうですが、

勝ち負けはともかく、良いレースが見たい。

 

ゴール前の手に汗握る攻防が見られる事を楽しみに、

今日一日仕事を頑張ろうと思います。

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ちょっと興味ある一足。

 

 

 

リーガル 50AL ダービーシューズ

20790円

 

今日は競馬ネタだったので何となく。

『ダービーシューズ』をピックアップしてみました。

 

ダービーシューズ : Derby shoe)は、革靴の一種。日本では外羽根式短靴と呼ばれる。靴紐を留める部分が、外側に縫い付けられたものを差し、主にヨーロッパ大陸でこのように呼ばれる。ブラッチャーとも知られ、1815年にワールテローの戦いでプロシア軍の元帥ゲファルト・レーバレヒト・フォン・ブラヘルが考案したとされ、英軍のウェリントンを助けたことで広まった[1]

wikiより

 

『ダービー』と付きますが、競馬とは関係無いんですね。

もともとはスポーツとハンティング用のブーツだったそうです。

 

競馬、というか馬に由来するなら『サドルシューズ』が相応しいようですね。

 

 

 

上記の物はリーガルブランドですが

製造国はカンボジアで製法はセメント(接着)式。

靴底も革ではなく合成ゴムとの事。

 

その分お値段お安めで気軽に履けそうですし

スエード自体が比較的雨に強いのに加え

ゴアテックスを採用している為防水性能もあります。

 

これからの季節の普段履きにちょうど良さそう。

天候を気にせず履けるのも良いですね。

 

 

 

それではまた明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村