車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

160.競合店の印象(2022.10月)

地方の中古車屋が経営している小型買取店で

店長やってるタナカ@usedcarlife1です。

 

 

ほぼほぼ一ヶ月前と比較して今の状況。

 

used-car-life.hatenablog.com

 

 

 

A(林檎)

買取200万円くらいまでの車は相変わらず高値一発差しですが

高額車はその場で金額提示せず、後日回答している様子。

お客さんの話によると、相場師の決済が必要らしい。

 

B(大原動機)

最終価格は分からないけど最初の提示額が極端に安くなった。

接客態度の悪さも手伝って、ここ行ってからウチに来るお客さんは

だいたい契約してくれる。

 

C(車七)

一応お店はやってるみたいだけど、情報が無い。

店頭の車の動きを見ると低価格車の販売に力を入れてる様子。

 

G(巨人)

B社同様、最初の提示価格は明らかに下がってる。

ただ、最終的な金額は十分高い。

何件かウチもオリてます。

 

(次の舞台)

相変わらず高い。AA500万予想に530万出してくる。

ただ、事故車・粗悪車は積極的に買い取ろうとしていない印象。

この辺はオークションでも売れにくいからなぁ・・・。

 

(兎)

C社と同じく小売りを積極的に行っている模様。

下取としては高め、買取としては平均的。

 

 

 

こうやって文字にしてみると、

なぜかそれぞれ買取台数日本一、あるいはナンバーワンを謳っているB社G社

少しでも安く買い取ろうとしているように見えます。

 

A社はウチ同様、かなり警戒してますね。

店舗の規模が大きくはないから大きな損金抱え込むのは怖いもんね・・・。

 

勢いが変わらないのはN社だなぁ。

正直高額車は値段で差を付けられる気がしない。

店頭用の在庫を確保しようとしているようにも見えます。

 

 

 

幸い当店は9月末以降、ディーラーさんからの紹介が増え

査定件数は前年比でも伸びています。

 

ただ、1台当たりの利益は今月は大きく落としそう。

買取している車の単価が大幅に下がっていますからね。

今のところ急いで損切りしなきゃいけない車が無いのが救いです。

 

 

 

さて今日は短めですがこの辺で。

連休なので酒飲んでますが少し酔ってきましたw

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今飲んでるお酒。

 

 

 

永昌源 杏露酒(しんるちゅう) 1800ml

2607円

 

久々に飲むと旨いなコレ。

強炭酸で割ってチビチビと飲んでます。

 

若い頃、アパートに友人集めて酒飲むときは

だいたい杏露酒は用意してあったなー。

 

年を取るにつれて甘すぎるように感じ、

ここ数年飲むことはなかったんですが

嫁さんの希望で久々に買ってみたら・・・旨い。

 

なんつーか、疲れてるのかなぁ。

甘い酒が身体に沁み渡るように感じます。

これからの時期、お湯割りにするのも良いな。

 

 

 

さて、連休ですが明日は学生時代の友人の車を査定しに

往復300kmのドライブに行ってきます。

久々に会うから見た目がどう変わってるか楽しみだw

 

それではまた明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村