車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

188.奪い合い。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

今日は買取店同士の奪い合いのお話。

 



 

数年前の話になりますが。

 

某全国チェーンの買取店スタッフを名乗る男性から一本の電話が入りました。

 

「そこで買い取ったヴェルファイア、ウチが先にお客と約束してるから

そっちの契約を取り消してくれと一方的にタメ口で言われました。

 

こっちの方が規模が小さい店なので、見下しているのが伝わってきます。

 

 

 

その時契約を結んでいたヴェルファイアは1台だけだったので

すぐどのお客さんか分かりました。

 

当店に来る前にその某買取店で商談をしていたそうですが、

最初の査定時に聞いた値段が期待していたより高かったのでそこで売る事にし、

日を改めて車両を引き渡す「約束」をしていたそうです。

 

ちなみに「契約書への署名」はその時点では行っていなかったとの事。

 

約束の日に車を持って行ったら最初に聞いた金額より30万円以上安い金額を提示され

理由を聞いたら「あれはあの時の金額、今は相場が下がった」と言われたそう。

 

1週間しか経っていないのにそれはおかしい、あの約束は何だったのかと聞いても

出来ないものは出来ない、その30万円安い金額で置いていけ、と。

 

長い時間拘束されつつもだったら売らない、他に行くと言って当店に来店され、

その場で当初他店が提示した金額と同額で契約し、車両の引き渡しまで完了した、

という経緯がありました。

 

 

 

ウチに車が置いてあったのを見たんでしょうかね。

冒頭の電話があったのは車が入庫した翌日。

 

「もう引き渡しも完了してるし無理だバーカ」とやんわり言っても

電話口でギャーギャー喚いてる。

そもそも社名だけじゃなく名前を名乗れ。

 

面倒なのでガチャ切りしましたw

同じ番号から2度ほど着信がありましたが同じ事繰り返すだけなので

「常識身につけてから出直せ」と都度ガチャ切り。

 

 

 

お客さんの所にも電話があったようで、

「ウチで売ると言っていたのに他社に持って行くのは非常識だ」

など嫌がらせのような電話があったと連絡がありました。

 

まあある意味その胆力はスゲーと思う。

自分にはそんな厚かましい電話はできん。

 

 

 

ただ、他店で既に契約しているお客さんに対してさらに値段を被せ、

ウチに戻ってきてもらうようにする事は当店でもあります。

もちろん、まだ本契約を結んでいない人ならなおの事。

 

 

例えばお客さんから「~~のお店の方が少し値段高かったからそちらで売ります」

とかアポとってあったお客さんに電話したら「その時じゃないとその値段出せない

って言われたから他店で決めちゃいました」って言われた場合。

 

まず、「契約済み」なのか「車両引き渡し済み」なのか、

それとも「約束レベル」なのかを確認します。

 

さすがに「車両引き渡し済み」の場合はあきらめますが。

「約束レベル」ならもちろん、「契約済み」でも提案だけしてみます。

 

 

 

「こちらとしては先日提案させて頂いた金額よりもう少し上乗せしてでも

ぜひ買い取らせて頂きたかったお車なんですが・・・」と持ち掛けて

お客さんの反応を見ます。

 

「ごめんね、もう売るって言っちゃったから」と断られたら私は深追いしません。

それ以上追いかけても嫌な印象を与えるだけですから。

 

「もう少し上乗せしてでも・・・」という私の言葉に反応があるようなら

遠慮なく出せる範囲内で値段を引き上げます。

例えば当初50万円で提示している人だったら5万円上乗せしてみたり。

 

もちろんその上乗せの根拠は伝えます。

店頭で高く並べるから、業者にそれ以上の金額で売れるから、

単純に私の意地です、などなど。

 

それでもし他社さんの契約をキャンセルできるようなら、

それが面倒じゃなければぜひ当店に任せて下さいって提案します。

 

余計な事を言わずに「事情ができて売れなくなりました」で十分。

 

契約書の約款を確認して下さい。

そこに車両引き渡しまでのキャンセルが可能と書かれていれば問題ありません。

 

 

 

客を惑わすんじゃねー、って思わるかもしれません。

 

でしょうね。私がお客さんの立場ならそう思います。

でも他店でもし納得いかないまま契約していたり、やはりお金が大事って人には

有意義な提案だと思っています。

 

 

 

後出しは卑怯じゃね?って思われるかもしれません。

 

でも正直、こっちとしては先出しは圧倒的に不利だと思ってます。

売却時期が決まっていない等最初の来店時に値段を出し切っていない場合も多く、

お客さんが他店のゴリ押しに負けて決めちゃったケースも結構あります。

 

なのでまだ勝ち目があるようなら遠慮なく後出しで査定価格アップします。

こっちはMAXの金額を伝えられていなかったワケですからね。

 

 

 

他社も同様です。てかもっとエグいですよw

 

他社 50万円で提示 → 当店 80万円で提示 → 他社 81万円で提示

 

こんなんザラですw

上乗せの根拠の説明は無く、最初の金額は何だったんだっていう

金額の上げ方してきます。

 

この「上乗せの根拠」をお客さんにうまく伝えないと

かえって不信感を与えてしまいますからそこには細心の注意を払っています。

 

で、他社(特にBGN)はその上乗せの根拠の説明がヘタ、もしくは無い。

だから似たような金額ならタナカのお店で、ってなりやすいんですよね。

 

それでもやはり少しでも高い方が、という方は遠慮なくキャンセルしてきますね。

ウチも今年は夏以降、結構やられました。

 

 

 

2000文字超えてるのでそろそろ締めましょうか。

 

こういった値段の被せ合いはいくらでもあります。

他社で契約してるお客さんをブン獲ろうとする事もザラです。

BGN相手なら遠慮しません。

 

もちろん、最終的に店を選ぶのはお客さんです。

 

店同士の奪い合いの結果、(主に金銭的に)良い思いをする事もあれば

不快な思いをする事もあるかもしれません。

巻き込まれた場合はよく検討して下さい。

 

 

 

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

冬の通勤靴に

 

 

 

ケンフォード サイドゴアブーツ KP15

 

今からの季節、1足持っておくと便利な通勤用ブーツ。

防水ではないですけど靴底は滑りにくい仕様になっています。

真冬の通勤、足元が冷えるなぁって人にオススメ。

 

国内メーカー品(製造は海外)としては価格もお手頃ですし、

服装次第ではオフの日でも履けるデザインだと思います。

 

 

 

それでは明日もよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村