車オタクが中古車買取店の店長やってます

中古車屋っぽい話とそうじゃない話いろいろ

201.新型クラウン。

車買取店店長のタナカ@usedcarlife1です。

 

 

 

新型クラウンを見かける機会が増えてきました。

 

Responseの記事より

Responseの試乗記事

response.jp

 

 

 

私も付き合いのあるディーラーで実車に触れてきましたが、

正直店頭で見てもあまり新鮮味を感じません。

駐車場や店内のような狭い空間だからでしょうか。

 

 

 

対向車で走ってくるのを見るとギョっとします。

 

 

 

それくらい、周囲を走っている車とのデザイン性の違いを感じます。

たしかに「新しい」

 

 

 

ランボルギーニのウルスが対向車線から走ってくるのを初めて見た時も

ここまでの違和感は感じませんでした。

 

ウルス 2018年モデル の製品画像

 

 

 

なんでしょうね、この違和感。

 

ボディカラーによるところも大きいかもしれません。

これまでにあまり無かった色合いが多いですし、

実際に見かける新型クラウンは黒白以外が多いように感じます。

 

 

 

あとはこのボディサイズでこのデザイン。

そして車高の高さというか低さ。

 

SUVハッチバックとセダンのごちゃまぜ感は

これまでの国産車では感じた事無かったですもんね。

 

ハッチバックやセダンにしては背が高いし、SUVにしては低すぎる。

タイヤというかホイールも存在感がありすぎる。

 

強いて近いところを挙げるならスカイラインクロスオーバーか。

でもこっちは普通にSUV色強めで違和感ありませんでした。

スカイライン クロスオーバー 2009年モデル の製品画像

排気量2.5Lまでなら欲しかった車だなぁ・・・。

 

 

 

新型クラウン、私の付き合いのあるトヨペット系列店では

イマイチ盛り上がっていないそうです。

 

SUVが欲しい層はレクサスに行くし、

高級車が欲しい層は輸入車に流れるしで

かなり苦戦してるみたいですね。

 

トヨタ系販売店ではさすがに旧クラウンオーナーにアプローチしているようで

下取で210系後期型や20系の相談が入ってきます。

 

 

 

ちなみに令和元年式クラウンハイブリッド 2.5RSアドバンス(AZSH20)

サンルーフ付き距離3万km以下の買取相場は

だいたい400万から420万円くらいでしょうか。

 

新車価格から考えると、やっぱりアルファードやプラドと比較すると

値落ちが大きく感じますね。

 

 

 

なお、この新型クラウンクロスオーバーも

既にオークションには10台ほど出品され、成約されています。

 

Gアドバンズドレザーパッケージ600万から640万円くらいか。

新車価格が税込み570万だからプレ値ではあります。

ただ他車に比べるとインパクト無いな・・・w

 

 

 

クラウンは今後もエステート(ワゴン)など

複数のバリエーションが展開されますが

買取商談していてもほとんど話題に出てきません。

 

トヨタさん、大丈夫?

 

 

 

今日は短めで。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村